《  お知らせ  》

次回講演会開催に向けて
準備計画中…

《 会員連絡  》

平成30年1月に総会予定
1.29年度会計報告
2.三役改選 など



2014年06月21日

講演会の次は研修会☆

先週、講演会が終わって、

昨日は研修会があり、

僧侶、一般合わせて約100人が集まり、

講演を聞き、その後班別話し合いが行われました。

揚風会のメンバーも、仕事で来れない方を除いて、

ほぼ全員が参加しました。

食事の際の、「いただきます」や「ごちそうさま」に、
いのちを考える大切な意味があることや、犠牲になった植物や動物に
対して、感謝してもしきれない恩があることの表現が含まれている
のかもしれません。
直接的に伝えられないため、せめて感謝を忘れないようにこれを言う。
ただの決め言葉ではないということなのでしょう。

「年を重ねることで、自然に「いただきます」を言うようになった。」
という方が意見を述べておられました。



ラベル:浄土真宗
posted by よーふー at 08:44| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 話し合い法座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

話し合い法座☆第6回

平成25年2月9日(土) 

大塚の西證寺にて、
真友会研修「話し合い法座」が行われました。

今回が平成24年度最後の研修で、14名の会員さまが
参加され、2班に分かれて話し合っていただきました。

揚風会からは、本田さん、尾崎さん、諸橋さん、寺本さんが
参加してくれました。

私は開始時間の午後1時30分と同時刻に年忌法要があり、
約1時間遅れで、話し合いの途中から聴かせていただきました。

毎度のことながら、皆さん活発に話しておられました。

これまでずっと松村さんにお任せしていた「まとめ」の
時間では、揚風会全員が一言ずつ感想をお話させていただき
ました。

本堂で話し合いの様子
IMG_0865.JPG

話し合われたテーマは次の2つでした。

@子や孫の世代にお寺をどう伝えていくか(繋いでいくか)
A子や孫に浄土真宗のみ教えの中で伝えたいことがありますか

話し合いの中で印象に残った意見として、
次の世代の「お育て」に関して、家庭は家庭でできる相続を
頑張るから、僧侶側も工夫をして何とか引っ張ってもらえれば
ありがたいという意見があり、身が引き締まりました。
我々に期待していただいていることを認識できました。
志を同じくして、共に頑張っていきましょう。
ラベル:高槻
posted by よーふー at 00:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 話し合い法座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

話し合い法座☆第4回

本日、9月15日土曜日

萩之庄・西教寺にて

真友会研修・話し合い法座の4回目が行われました。

IMG_0586.JPG

司会役として、本田、尾崎、内本の3名がお手伝い
しました。その後、諸橋くんが途中から来てくれました。


今回話し合ったテーマは次の2つでした。

@「あなたは浄土真宗の教えをどう思いますか」

A「真宗の教えは他の宗派とどう違うと思いますか」


班ごとに3つに分かれ、約1時間半たっぷり話し合い、
相互に意見が交わされました。

私が担当した3班では、本当に多くの意見が出ました。

いくつか印象的なのを紹介します。

意見その1
「代々ずっとご院さんだけに頼んでいるから、
これからも真宗一筋。たとえ知り合いの葬儀や、
親類で他宗派のお経を聞いても、関心を持った
ことがない。だからといって、真宗の教えを聞いて
もなかなか理解することが難しいまま今に至る」

(ふ〜ん、なるほど)

意見その2
「同居する孫と祖父母の関係が昔のいい部分だと思う。
幼少の頃、じいさんに寺に連れられ参った思い出があるからか、
今も寺に参ると気持ちが安らぐ。寺はそういう場所。
今は核家族化が進んでいるけど、もう一度、2世帯、3世帯で
の暮らしを見直すべきではないか。若い世代が外へ出てる間、
祖父母が孫を見る役割を果たせないか。必ず、家族関係や
介護に関して、寂しい状況が減ると思う。」

(確かにいい面はあるとは思いますが、気楽さを味わった後に、
今から元の形に戻すことはなかなか難しいでしょうねぇ…人間
ですからねぇ)

意見その3
「お寺さんから、浄土の話はよく聞くが、肝心の今生きていく上
での話をあまり聞くことがないのが、物足りない気がする。
それが伝わるように話してもらわないと若い世代にも響かない。
もっと、日々の生活に具体的に何かを示して欲しい。
法事でもっと話をして欲しい。お経読んでおしまいは勿体ない。
毎朝、家の仏壇の前でおつとめはしている。してはいるが、
残念ながらそこで終わっている。
実際信仰を喜べる感覚とはいったいどんなものなのかわからない。」

(鋭いご意見です…伝える力をもっとつけないとと痛感しました。)


以上、今日の報告でした。
ラベル:真友会 高槻
posted by よーふー at 21:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 話し合い法座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする