《  お知らせ  》

次回講演会開催に向けて
準備計画中…

《 会員連絡  》

平成30年1月に総会予定
1.29年度会計報告
2.三役改選 など



2016年03月22日

彼岸の墓参☆

昨日、市の公園墓地に行ってきました。

朝は風が冷たくて、前日比で寒く感じる朝でした。


季節はお彼岸です。

振替休日ということもあったせいか、午前11時の時点で、

駐車場はほぼ満車で、入れ替わりを待つ車列ができる

ほどの混み具合で、平生の静かな様子とは違いました。


実は彼岸に霊園へ行くことはあまり経験がありません。

(自分の先祖の墓へはお参りします)

というのは、

彼岸の時期にはお墓参りする人が多いので、

そういう時期には建碑式や納骨式を行わず、

混雑を避けているからです。


とはいえ納骨を終えて、山上からあらためて西の方角を

見ると、名神高速の工事が着々と進んでおりました。

でも昔の絵図によると、千年ほど前、

ここには全く違う景色があったとか。

隣の山上には寺があり、桜が咲き、

そこから見える夕日がなかなか美しく、

彼岸に夕日を眺めては、

浄土に想いをはせる場所があった…と。

なかなかいい物語です。


「春秋の特別な日に、西に向かって坐り、

太陽が沈み行く瞬間、

その形が、真ん丸い鼓のようであるのを見るべきである。

西はまさに浄土の方角であり、

太陽はまさに仏日(ぶつにち)のようであるから。」


ラベル:高槻市
posted by よーふー at 08:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする